July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「通」では無いこだわり?

JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店

ニジノネでは「水出し」で珈琲をご提供している。その理由は本来の香りや深みは失わずサラリと飲めるその味とさしたる技術はなくても安定して同じ味が提供できるからである。察しの良い方は気がつかれただろうが店主は「珈琲通」ではない。むしろ敬遠していた時期もある。今回カフェを営業するにあたり、知識がなく大して好きでもない珈琲は悩みの種だった。昨今巷に溢れる専門店に出向いても「これは美味い」というものには出会えず、むしろ戴けないことの方が多かった。それを想像するに店主の舌は「子供舌」で珈琲の旨味の要素である酸味、苦味が苦手だからだろう。そこで雑味が出にくく円やかな味になるという「水出し」を試すことにしたのだが、いざ水出しと言っても方法や器具は何種類もある。当たり前のように豆や抽出時間でも味は変わる。器具をいくつも購入擦った揉んだの末、ストレート用とカフェオレ及びアイス用の2種類で豆と抽出方法を変えてお出ししている。「通」では無いが故のこだわりの結果 (笑)案外「真っ当な珈琲」をお出しできていると思う。展示やレコード、画集を楽しんでいただく合間に、気ままに変わる自家製おやつも和せて是非お試しを。

comments

   
pagetop